RSS

ほっこり訓練日記88



こんにちは、ラシッドです。

去年の2月に読谷村に引っ越してきて一年が経ちました。
大阪を離れた時は寂しかったけど、読谷村にもかなり慣れてきました。
沖縄で暮らしていて、ぼくが1番不思議に思うのは、
どこにいっても外国人さんがたくさんいてることです。
外国人さんはぼくを見るといつも
「オー!ベイビーベイビー!」とすごい笑顔で何度も言ってくれます。
「ぼくは来月で5歳になるので、もう赤ちゃんじゃないのになあ!」
と思うけど、きっとぼくがベイビーぐらい、
とってもかわいいということなんだろうなあ!
そして、今住んでいるアパートは、外国人さんが何人か住んでいるのですが、
この前大変なことがありました。
家に帰る途中で、外国人さんが二人いたので、ぼくは
「あ、ベイビーの人たちだー」と、
嬉しくなって挨拶をしました。
そうしたら母ちゃんが、急に今いてる場所がわからなくなってしまったのです。
その場にいてるのは外国人の男の人が二人とぼくらだけ。
「おー!ベイビー!」
以外に何を言っているのか全くわからない人しか
周りにいないということに、
目が見えない母ちゃんは不安すぎて
完全にパニックになっているのです。
すると、一人の外国人さんが「どこ行く?」
と聞いてくれたのです。
やったー!言葉が通じる!
しかし、
「階段なんやけど、あれ?階段わからない?
えー、どうしよう、階段って何て言うんやっけ?」
と、一人でさらにパニックになっているのです。
ぼくは、「ちょっと母ちゃん、ベイビーの人たちに
何を言ってるのー!しかも大阪の言葉で!
いいから落ち着いて!
母ちゃんが毎日ぼくに英語で指示していることだよ!」
すると、ハッと気がついて「わかった!ステップー!」
すると、「オーステップー!オッケー、こっちだよ!一緒行く?大丈夫?」と、優しい外国人さんが母ちゃんの手をとって連れていってくれたのです。
ぼくと母ちゃんは心の底から
「助かったー!サンキュー!サンキュー!」
ぼくは、言葉って大変なんだなあ!と思ったけど、
愛があればなんとかなる!ということがよくわかり、ちょっと幸せな気持ちになりました。
でもぼくは、これをきっかけに母ちゃんは、
もう少し英語を勉強した方がいいと思いました(^O^)

《通じ合う 心と心 同じかな》

2019-02-15 08:08:02

ほっこり訓練日記87



こんにちは、松山真由美です。
1月はいろんなことがあり、本当にあっという間に終わりました。
前回の日記で書いた幼なじみの容体は、お陰様ですごい勢いで回復し、
私たちにもすっかり日常が戻ってきました。
「やはり、健康が1番だー!免疫力を上げるためには、
とにかく歩かなくっちゃー!」と、
ラシッドと毎日お店の周りを歩いています。
二人でエイエイと張り切って歩いていたら
「そこは危ないですよー!」と、
少年の大きな声に呼び止められました。
どうやら、歩道を歩いていた私たちが、急に歩道から外れ
左の下り道に入っていったので間違えているのだと思ったようです。
私たちが止まると、少年は近づいてきて、
「目は生まれつきですか?大丈夫ですか?」
「違うの、途中で見えなくなったのよ。
でも盲導犬がいてるから大丈夫よ!ありがとうね!」
しかし、何かが少年の中で心配になったようで、同じ方向だからと、
一緒についてきてくれることになりました。
その間も、気になるのか何かと助けてくれるのです。
なんでこんなに優しいのかな?と思い聞いてみると、
「学校で、目が見えない人に会ったら、お手伝いするように習いました。」
と言われました。
私は小学校などで、何度かそんな話をしてきたけれど、小5の男の子が
こんなに素直に声をかけられるものなのかな?
私とラシッドは、読谷小学校のレオ君の素直さと
優しさに、感動で胸がいっぱいになりました。
それと同時に、世の中が、こんな優しい人間でいっぱいになってほしいなぁと、心の底から思いました(^O^)

《優しさは  出して初めて 愛になる》
2019-01-31 18:09:01

ほっこり訓練日記86



こんにちは、松山真由美です。
今年は読谷村に引っ越してきて、初めてのお正月。
どんなお正月になるのかな?と、わくわくしていたら、
まさかの悲劇に見舞われてしまいました。

「宇宙の流れに逆らわず、自然と調和しながら生きていく!」と心に決めてから、
本当にいろんなことが起こりますが、去年は今までで1番激動の一年間。
さすがに、見えない中での大変化への緊張感は大きかったのか、
お正月休みにまさかのギックリ腰になってしまいました。
しかも、大阪から友達が遊びに来てくれていたというのにです。
せっかく楽しみにして来てくれたというのに、どうにもこうにも激痛で動けず、支えてもらい、何とかよちよち歩けるという有様でした。
大阪の針灸師の友達に相談すると、絶対に病院に行くしかないとなり、
みんなに付き添ってもらい新年早々病院行きだったのです。
悲惨な私の様子にラシッドは、
「えらいこっちゃ!母ちゃんがえらいこっちゃー!!」と大慌て。
こんな感じで新年早々、なんとかみんなのおかげで仕事もでき、
友達や家族ってほんとにありがたいなぁと感動していたら、
忘れもしない1月11日の事件が起きたのです!
この日の10日後の20日から4日間、大阪から遊びに来てくれる予定だった、
去年読谷村に引っ越しを手伝いに来てくれていた幼なじみの友達が、
生死をさまよう一大事に陥ってしまったのです。
風邪からウイルスが心臓に入り、自分の力で動かせなくなってしまったのです。
「こんなことってあるの?」と思うようなことが次々に起こるので、
少々のことでは動じなくなっていたのですが、
この時ばかりは私の心臓が止まるかと思うぐらい、本当に本当にビビりました。
なんで?なんでこんなことになるの?と涙が止まらなかったけれど、
私にできることは神様にお願いすることだけなので、
「神様、絶対に命を助けて下さい。助けてくれたなら私は何でもします!」
と祈り続ける日々。
ギックリ腰から解放されたと思ったら、次は仕事以外ずっとお祈りしている私に、
ラシッドも大変なことが起こっているということがわかるようで、
私たちと同じように心を痛めている様子でした。
すると、大阪と読谷村ではなれているけれど、私たち3人の祈りが通じたのか、
集中治療室で10日間、何度も手術を繰り返しウイルスと闘い続けた心臓が、
突然奇跡的に動き出したのです!
こんなに嬉しいことはないー!!と、涙が止まらなくなり、
身体中がまるで天国にいるみたいでした。生きてさえいれば何だってできるので、
助かってくれて本当に本当に良かった!

今年は始まりの年、しかも111という始まりの日にこんなことになるなんて!と、
本当にびっくりしたけれど、きっとこれも大きな意味があるんだろうなあ!

こうして、命の尊さと、健康の大事さを改めて実感させてくれた、
衝撃と感動がいっぱいの、ミラクルな幕開けでした(^O^)

《生きている ただそれだけで ありがたい》

2019-01-27 19:16:02

ほっこり訓練日記85




こんにちは、松山真由美です。
先日、すごい導きが起こり、読谷村内ではありますが引っ越しをしました。
今年の2月に読谷村に引っ越してきたとき、盲導犬といえども
大型犬がオッケーというアパートが無さすぎて、選びようがありませんでした。
前の家でも、それなりに楽しくやってはいたのですが、
だんだんと不自由さが際立ってきて悩んでいると、
「よくここまでがんばった!」と、神様からのご褒美かのように、
ラシッドが過ごしやすい、ステキなアパートと運命的に出会ったのです。
2月の引っ越しの時は、大阪からの大移動だったので本当に大変でしたが、
今回は読谷村内なので、慣れもあるのか気持ちはとっても楽でした。
しかも、前回の時に、友達が、家中を整理整頓してくれていたおかげで、
そのまま移動するだけという奇跡のようなお引っ越し。
しかし、新しいお家に変わると、私たちはまた一歩も歩けなくなってしまうので、
それはそれでまた不自由。。

そうしたら、引っ越しの一週間後、ほっこりあん先生が助けにやって来てくれたのです。
沖縄県の方の共同訓練が終わり、現地訓練のため沖縄入りしていたほっこりあん先生が、
読谷村まで飛んできてくれたのです。

引っ越ししてまだ一週間なので、家の周りのことはさっぱりわからないのですが、
先生が来てくれて道を歩けるように訓練してくれたおかげで、
家の周りのことが急に見えてきました。
ラシッド、また新しい世界が生まれるね!!

「大阪がホップ、読谷村に来たことがステップ、
今回の引っ越しがジャンプ!なので、全てはこれからですよ!」
とほっこりあん先生に言うと、
「えー!読谷村に来たことがジャンプだと思ってましたよー!」
とびっくりされましたが、私の中では、やっと家が落ち着き、
来年からいよいよミラクルジャンプするぞー!と、わくわくで胸がいっぱいです(^O^)


《温かい みんなの愛に つつまれて》


2018-12-19 19:03:02

ほっこり訓練日記84




こんにちは、松山真由美です。
先日、読谷村職員労働組合女性部40周年という、記念すべき講演会で、ラシッドと共に講師をさせていただきました。
この依頼を受けたのは夏。
「えー?そんな重要な講演会に私が?読谷村に来てまだ半年なのに?」
と、あまりにもびっくり仰天でしたが、
「きっと、役に立てるから、私を選んでくれているんだろうなあ!必要とされているのならがんばろう!」と思い、引き受けることになりました。
ですが、私たちが読谷村に移住してきた目的は、日本中を笑顔で元気にすることなので、
これはかなりのビッグチャンス!
読谷村が元気になれば沖縄が元気になる。
沖縄が元気になれば日本が元気になる。
と、ずっとずっと感じていることなので、こうやって読谷村の人に
私の思いを話す機会を神様が与えてくれたんだ!と思えば感動せずにはいられません。
そうして始まった講演会。
一時間半という限られた時間の中で、どれだけのことが伝えられるか?
しかし、時計とメモが見られない私は、時間配分をしながら誘導してもらうのがベストだと、
部長さんにナビゲートしてもらうことになりました。
何度も打ち合わせをして、読谷村の人が、ほっこりあんになってもらえるようにと、
一生懸命愛を込めて話しました。
10年前に、読谷村で暮らしながら、友達と必死で学校に通ったあの時から、
まさか10年後、移住してお店を出して、講演会までしているなんて!
「すごい!全てが繋がっていく!全ては、こうなるようになっていたんだなあ!」
そして、読谷村の人は皆とっても素直なので、仲間と最後にみんなで
アファメーションをしたりハピエブ体操をしたり。
すると、さすが沖縄だなぁと感激したのですが、賛同してくれるたびに、
拍手やピーッ!と指笛でこたえてくれるのです。
最後は全員が最高の笑顔になってくれたのですが、
こんなにも会場中が一つになった感動的な講演会は初めてでした。
今回の講演会をきっかけに、もっともっと世の中が良くなっていくことに
繋がってくれたらいいのになあ!
こうして、たくさんの心と心を繋いでくれた、講演会の全てに、
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に本当にありがとうございました(^O^)


《魂が 一つになれば 愛になる》


2018-11-24 13:45:01

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
facebook
友だち追加数

店舗情報

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週月曜日
TEL
072-299-9991
住所

大阪府堺市南区
野々井260-1(地図)
クレジットカード
ご利用いただけます。
QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード