RSS

ほっこり訓練日記103





こんにちは、松山真由美です。

実は、前回の日記で書いた里帰りの次の日、
我が家は耐えがたい悲しみに襲われました。
ずっと我が家を守ってくれていた、
ラシッドのお姉ちゃんであるルンルンが
天国に行ってしまいました。

その日も朝まで普通に歩いていたのですが、
私とラシッドの帰りを待っていてくれたとしか
思えないのですが、私たちが家に到着すると
急に弱ってしまい、次の日に旅立ってしまったのです。
「なんで?ウソでしょう?こんなことがあっていいの?」
と、まさかまさかの突然のことで全く信じられず、
毎日涙が止まりませんでした。

でも時間と共に、よく考えたら、
15歳半というかなりの高齢ではあったので、
これはルンルンの寿命なんだと思えるように
なってきました。

私たちが結婚したすぐ後にこの世に産まれ、
すぐに私たちのもとに来てくれた、
神の使いとしか思えないルンルン。
見えない私がここまで元気にがんばってこれたのは、真二さんと共にルンルンが
ずっと支え続けてくれていたからだったので、
ルンルンには感謝の言葉しかありません。
前を向くために、この気持ちを届けたくて、
ルンルンに手紙を書きました。


「大好きなルンルンへ」

ルンルンの姿は見えなかったけれど、
めちゃくちゃかわいくて
存在全てが愛おしくて、ルンルンは
私たちの大切な大切な家族であり宝物でした。

こんなにも小さい身体なのに、
いつも大きな愛で私たちのことを癒してくれて
本当にありがとう。
結婚して、何もかもが不安でいっぱいだったあの頃、優しいルンルンには何度も何度も助けてもらいました。
あの頃は、見えないことが悲しくて
よく泣いていたけど、いつも私の弱音を
じーっと聞いて慰めてくれましたね。

その度に「がんばルンバ!!」と、
小さい手でポンポン叩いて魔法をかけてくれましたね!
そのおかげで、どんな辛いことがあっても、
何とか乗り越えて来ることが出来ました!
腕を挙げながらこの言葉を言うと、
不思議と笑顔で元気になるので、
今では真二さんと合言葉にして毎日元気を出しています。

振り返ると本当にいろんなことがあったけど、
大きくてやんちゃなラシッドが来てからは、
小さい身体なのにお姉ちゃんとして弟の教育係を
一生懸命がんばってくれていましたね。
大きさが全然違うのに、いつも二人で仲良く
寝ていた姿が、何よりもかわいくて
最高の癒やしであり幸せでした。

いつまでもいつまでも4人でいることが
当たり前だと思い込んでいたので、
ルンルンの存在が消えてしまったことが
今でも信じられないし、寂しくてたまりません。

でも、悲しんでばかりいたらしっかり者のルンルンに
怒られるから、
「愛しかない!今しかない!感謝しかない!」
という、ルンルンが私たち夫婦に教えてくれた
大切なことを、これからはできるだけ多くの人に
伝えていきたいと思っています。

こんな私たちですが、
「何の文句も言わず、ただただ愛を与えてくれたルンルン」
のように生きられるように、みんなでがんばっていきますね!

ルンルン、本当に本当に私たちのところに来てくれてありがとう!

これからも、私たち家族の心の中で生き続けてくださいね

《永遠に あなたの愛は 生きている》

2020-02-03 14:31:02

ほっこり訓練日記102





明けましておめでとうございます。
去年一年間「ほっこり訓練日記」を読んでいただき、
本当にありがとうございました。
今年も読んで、ぜひほっこりしてくださいね。

先日、私とラシッドで、初めての里帰りをしてきました。
いつもは夫の真二さんが一緒なので安心でしたが、
我が家の老犬のルンルンが、もうかなりの高齢のため
預けることができなくなり、
今回は真二さんとルンルンにはお留守番を
してもらうことになりました。

那覇空港まで真二さんに送ってもらったのですが、
まさか本当に二人だけで飛行機に乗る日が来るとは!
初めてのことは何かと不安になるけれど、
ラシッドはたぶん私以上に緊張していたはず!
なぜなら、いつもと何かが違うということを
肌で感じたのか、極度の緊張状態に陥ったラシッドは、
急な腹痛に襲われ大変なことになったのです!
奇跡的に真二さんがいてくれたおかげで
何とかなったから、飛行機にはギリギリ乗り込めたのですが、
それにしても初めてについてくる緊張感は恐ろしい!
機内でも、隣に真二さんがいないと、
「暗闇だとこんなにも不安になるものなんだなあ!
今まで私たちは、よっぽど真二さんに甘えていたんだなあ!」
と、改めて私もラシッドも感謝の気持ちでいっぱいになりました。

関西空港には弟に迎えにきてもらったのですが、
たまたま仕事の軽トラしかなく、
ラシッドは私に無理矢理抱きつきながら、
何とかかんとか実家にたどり着きました!
「すごいー!本当に二人だけで帰って来れたー!
やればできるし、何とかなったー!」
と、みんなに援助してもらったおかげで、
かなりの珍道中ではありましたが
ものすごい達成感に満たされたのは言うまでもありません。
次の日からは、家族はもちろん、
大好きなパピーウォーカーさんや、兄弟犬のリオ、
たくさんの人や犬のお友達に会えて、
私もラシッドも幸せでいっぱいでした。
行きの道のりでいろいろ経験したから余裕が出たのか、
帰りは何事もなく平和に帰って来ることができました。

そして、一年半ぶりの里帰りに、
めちゃくちゃ嬉しそうなラシッドを見ていて、
「今回、怖がらないで、初めての二人旅に挑戦して
本当に良かったなあ!」と心の底から思いました。

こうして、新年早々「初めての壁」を乗り越えた私たちは、
少しだけパワーアップできたような気がします。
では、これからも、まだまだ成長し続けて、
もっともっとほっこりをお届けできるように
がんばりますので、よろしくお願いします(^O^)

《人生は 初めの一歩で 動き出す》



2020-01-09 17:45:01

ほっこり訓練日記101



こんにちは、松山真由美です。
今年も早いもので、もう終わりですね。
いつも、ほっこり訓練日記を読んで下さり、
ありがとうございます。

今年一年を振り返ると、年明けに起こった
幼なじみの奇跡の生還の話や、
三線のコンクールや、ラシッドの兄弟犬のリオが
会いに来てくれたことや、講演会、
三度目の引っ越しや、多くの大阪からの来客などなど、
本当に本当にたくさんの楽しいことがありました。

それになんといっても、9回もラジオに出演したということに、
自分でもびっくりですが、全てがありがたすぎて感謝の気持ちでいっぱいです!
そして、去年の2月に読谷村に引っ越してきてからの一年間は、
慣れるのに必死だったのか全く友達ができなかったけれど、
今年はたくさんのお友達もできて、
何とか寂しさも和らいできたように思います。

先日、盲導犬を通して知り合った、
那覇の中島ファミリーと、盲導犬のジュエルが、
お店に遊びに来てくれた時のことです。
盲導犬デビューしたてのジュエルに出会ったのは今年の始め。
あまりのかわいさに、「ジュエルー!かわいいー!」と、
一瞬でメロメロになってしまったラシッド君!
それから何度も会っているのですが、
その度に「ジュエルー!大好き!」と、
この時ばかりは大暴走してしまい大変なことになっていました。

しかし、先月ほっこりあん先生に、
「ラシッドの気持ちも分かるけど、このままではいけない」
と、恋心が落ちつくという魔法をかけられたラシッドは、
まるで別人のようにおとなしく我慢できるようになったのです。
「ラシッドすごいー!やれば出来る子ー!盲導犬っぽいー!」と、
みんなからの賞賛を受けて、鼻高々になったラシッド君!
良かったね、今年最後にかっこいい姿をジュエルに見せられて!
きっと来年はもっと良い年になるはず!!

それと、私が何よりも感動したのが、
中島さんの長女の真衣香ちゃんから、
研究レポートのインタビューを受けたことです。
何がすごいのかというと、質問が素晴らしいのです。
「盲導犬を持つ前と持ってからでは、
生活や歩行はどのように変わりましたか?」とか、
「ペットと盲導犬の違いについて、
どのようにお考えですか?」とか、
「入店拒否について、どう思われますか?」などなど、
他にもいっぱい。
なんと言っていいのか、とにかく質問内容が大人なのです!
しかも、今年からアメリカンスクールに
通っている真衣香ちゃんは、このインタビューを、
英語に直して発表するのだそう。
「すごーい!11歳でこんなことができるなんて!天才!」
と、感動したのと同時に、
がんばれば私にも
真衣香ちゃんみたいに英語が話せるようになるかも!
というような、ものすごい刺激を受けたことに間違いありません。
そんなこんなで、今年もたくさんのステキな
メッセージが届いてきましたが、
これら全てに必ず意味があると思うので、
どんなことになるかはわかりませんが、
来年もさらに進化できるように日々精進していきたいと思います。
では、今後もたくさんの愛を読谷村から
お届けできるようにがんばりますので、
来年もどうぞ宜しくお願いします_(._.)_

《少しずつ みんなの愛で 進んでる》


2019-12-31 12:25:01

ほっこり訓練日記100





こんにちは、松山真由美です。
いつも、「ほっこり訓練日記」を読んで下さり、
ありがとうございます。
この度「ほっこり訓練日記」は、たくさんの方に
支えていただいたおかげで
100回目を迎えることができました!
何かがある度に書いてきましたが、
本当に100回目まできたんだなあと思えば、
感動すぎて胸がいっぱいになります。

そして、先日この記念すべき100回目に
相応しい出来事がありました。
先週、以前にも登場してくれている、
大阪の「ミート企画」の吉元さんご夫妻が、
読谷村に遊びに来てくれました。
吉元さんご夫妻が、読谷村に来てくれたのは
今回で4回目。
お店のホームページなど、全ての広告関係で
ものすごくお世話になっているのですが、
私たちが読谷村でもがんばれているのは、
このお二人のおかげです。
まず一日目は、北部にある、伏羲並木に行ってきました。
私が自転車に乗れないので、みんなにも
ゆっくり歩いてもらったのですが、
心地よい空気と風邪にとても癒され最高でした。
そして次の日、さらなる飛躍を求め、
みんなで神の島「久高島」に行ってきました!
「人生が大きく転換するような
パワーを与えてくれるという、こんなすごい聖なる地には
一体何が待っているのかな?」
わくわくしながら出発し、フェリー乗り場に着くと
入り口に「補助犬ステッカー」が貼ってあったのです!
「すごいー!さすが神の島だー!
やっぱり神は違うなー!」と、いきなりの感動でした。
出発まで少し時間があったので旦那さんと
待合で待っていると
「この子は盲導犬かね?」と、目が見えなくなった老犬を
二匹飼っているというおじいが話しかけてきました。
盲導犬のことなどいろんな話をしているうちに、
「盲導犬はどんなお店にでも入れるんだろ?」
と聞かれ、
「ほとんど入れるけど、たまに入店拒否されることもあるよ。」
と言うと、
「そうか、それなら水戸黄門の印籠みたいに、
盲導犬のステッカーを見せたらいいさー!
これが目に入らぬかー!って、
目立つように犬にぶら下げといたらいいさー!
そうしたら誰も断れんさー!」
と言われました。
すごい!今までそんなこと考えたこともなかったけど、
なるほど!おじい天才!

そうこうして、久高島に到着したら、
まずは腹ごしらえしようと、ソウキそばを食べに行きました。
そうしたら、そこにも補助犬ステッカーが!
すごい!なんて素晴らしい島なのー!

とってもいい気分になり、みんなでぶらぶらと島を歩き始めると、
読谷村とはまた違う、美しすぎる光景に超うっとり。
神秘的な空気の中で
蝶々が飛び周っているという別世界に、
「すごいエネルギーが流れているんだけど、ここはどこ?」
と、まるで天国にいるみたいな
不思議な感覚になりびっくりでした。

こうして無事にたくさんのパワーをいただき、
大満足で久高島を後にした私たち。
帰り道、吉元さんご夫妻が、今回ぜひ行ってみたいという、
有名な観光スポットに立ち寄ったのですが、
そこで悲劇が起こりました!
「ここは神聖な場所なので、生態系が崩れるから、
動物はお断りしています。」
と、まさかの入店拒否というか、門前払い。
びっくりした旦那さんが
「え?この子は盲導犬ですよ!」
しかし、
「すみません、生態系に響くので
盲導犬でもお断りしているんです。」
と追い返されたのです。
え?あれ?
なんだかよく理解できなかったけど、
こんなことってあっていいの?

吉元さんご夫妻は大阪からずっとここに来ることを
楽しみにしていたはずなのに、
私たちのせいで入れなかったし
嫌な思いをさせてしまった。
神の島があんなにもウエルカムだっただけに、
まさか断られるなんて思っていなかったので、
悲しくて泪が出そうでした。
吉元ご夫妻が帰った後、この事件を
ほっこりあん先生に話すと、
入店拒否を絶対に許さないほっこりあん先生が
すぐに連絡をし、話をしてくれました。
すると、盲導犬への理解が全くなかった店主は
深く反省し、急にウエルカムに変身したのです。
すごい!さすがほっこりあん先生!
離れた場所からでも
「この印籠が目に入らぬかー」をやったんだ!

そうか!わかった!!
補助犬ステッカーは愛の印籠だったんだ!
お店側は「ここは愛が溢れていますよ」
と示し、愛しかない盲導犬がやってくることで
さらに愛が溢れる!という愛のステッカーだったんだ!

そうだ、わかった!
あの久高島のおじいは神だったんだ!
「だから言っただろう!あのステッカーには
すごい力があるんじゃよ!この世には愛しかないんじゃよ」
と、声が聞こえるかのようでした。

思い返せば、ほっこり訓練日記を書き始めたのは、
ラシッドに初めて会った4年前のこと。
私たちは、盲導犬を通してたくさんの愛に出会い
感動してきたからこそ、入店拒否問題を解決したくてがんばってきました。
だから、この100回目にして、
神の島全体で私たちのしてきたことは
間違いないよ!と、オッケーを出してくれたのだと思います!

こうしていろんな形でパワーアップできたことに
感謝しながら、今後もほっこり訓練日記を
書き続けたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね(^O^)
《受け入れる 大きな愛が 愛となる》

2019-11-22 20:53:01

ほっこり訓練日記99





こんにちは、松山真由美です。
先日、大阪の「日本ライトハウス盲導犬訓練所」から、
ほっこりあん先生が訓練に来てくれました。
ほっこりあん先生とは、ずっとラシッドと私の
訓練をしてくれている、訓練士の青木さん。
読谷村に引っ越してきてから、家が変わる度に
わざわざ大阪から飛んできてくれる神のような人。
今までは、なかなかお店の近くに家が
見つからなかったので、家の周りやお店の周りを
グルグル散歩するというコースの訓練でした。
読谷村に引っ越して来て1年と9ヶ月、
やっとラシッドと二人でお店と家の往復をするという夢が叶う日がやってきたのです!
「こっち、こっち」と、ラシッドが
道を案内してくれたら楽だけれど、
そんな甘い話はなく、とにかく訓練あるのみなのです。
しかも、大阪の時みたいに、困ったらすぐに
車で駆けつけてもらえる距離じゃなくなったので、
「ほっこりあん先生がいてくれる今しかない!」
と、何度も何度も必死で練習して身体中にたたき込みました。
暑いなかの練習は大変だったけど、こうしてがんばればまた、
自由に職場と家の往復ができるようになるんだー!
と思えばそれだけで感動で胸がいっぱいでした。
しかも、ちょうどラシッドも、11月6日でもう5年生!
どんどん立派になっていってるなあ!と思えば、
こみ上げてくる思いが溢れてきて
さらに胸がいっぱい。
こうして数々の試練を乗り越え、
無事にお店の往復ができるようになった私たち。
忙しい中わざわざ来てくれたほっこりあん先生。
いつも見守り応援してくれる旦那さん。
そして、何よりもいつもいつも私のために
がんばってくれているラシッド君。
みんなの優しさと愛に、私はありがたすぎて
感謝してもしきれません。
そして、目は見えないけれど、世界一の幸せ者です(^O^)


《乗り越えた 山の数だけ 超笑顔》

2019-11-14 08:30:02

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
facebook
友だち追加数

店舗情報

営業時間
9:00~18:00
定休日

TEL
072-299-9991
住所

大阪府堺市南区
野々井260-1(地図)
クレジットカード
ご利用いただけます。
QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード