RSS

ほっこり訓練日記95





こんにちは、松山真由美です。
今日は前回の続きです。

ラシッドのパピーウォーカーの池田夫妻が読谷村に遊びに来てくれて、
ビーチバーベキューをしたりドライブに行ったりと、とっても楽しい時間を過ごしていました。

すると、こんなことってあるのかな?
というようなことが最終日に起りました。
池田夫妻が今回、読谷村に来てくれるのが決まったのは4ヶ月も前のこと。
その後、浦添市の児童センターでの講演会からのご縁で、
「第69回社会を明るくする大会」という、
大きなイベントでの講演会を依頼されました。
後世に繋がるような、明るい社会を作るためのお話や盲導犬の話をしてほしいと頼まれたのです。
「何て素晴らしい大会なの!」と思い、すぐにお受けしました。

そして日時を聞いてビックリ!
なんと、池田夫妻が来てくれる日と、
今回の講演会の日が見事に重なっていたのです。
ですが、これはただの偶然ではないはず!
さらに聞いてビックリ!
今回は350人も入る大きなホールでの講演会なのです。
当日は立ち見までいて、子供から大人、市長さんや
構成司会の方々や警察など
結構会場の雰囲気は堅くカチカチ。
さすがのラシッドも少々緊張気味。
そんな中、ついにきた私たちの出番。
私の、見えなくなって死にかけていた話や、
それから周りの人たちが支えてくれたからこそ
立ち上がることができた話や、
たくさんの出会いのおかげで今がある話など、
私たちの体験談を一生懸命話しました。
しかし、持ち時間はたったの40分。
その時間の中で盲導犬の話もたくさん伝えたい!
そんな思いから気持ちだけが先走ってしまい、思い通り話せなくなり、
隣でタイムキーパーをしてくれていた真二さんに助けてもらい、
なんとかかんとかの講演会となりました。
盲導犬の話の時には、映画館のような大画面に
動画やスライドショーを流したり。
それを見てもらいながら、真二さんと二人で説明していくという、
二人三脚でがんばった講演会。
その間ラシッドは本当に賢くて、会場から見てくれていた
池田夫妻も安心してくれたかな?と思えば
来てもらえて本当に本当に良かったと感動で胸が熱くなりました。
最後には、パピーウォーカーさんとお別れしてから
一年後に再会した時の感動の動画も流れ、会場中がほっこりして
温かい気持ちに包まれました。

こうして無事に講演会が終了し、息つく暇も無く書籍の販売がスタート。
すぐに池田夫妻も応援にかけつけてくれたのですが、その時です!

「これ募金にしてください」と、
次から次に盲導犬の募金をしてくれる人が集まって来たのです。

「えー!盲導犬の募金箱を置いているわけでもないのに!
みんなの心に通じたんだ!なんて嬉しい話なの!」
と、私はあまりにも嬉しくて涙が出そうになりました。

すごいなあ!やっぱり盲導犬の愛の力はすごいなあ!

こうして、たくさんのほっこりがいっぱいの講演会が終わり、
いよいよ池田夫妻との別れの時間。
ラシッドはお二人に終始べったり甘えていたので、
めちゃくちゃ寂しそうだったけど、次会う時には
さらに成長している姿を見てもらえるように、
みんなでがんばろうと強く思いました(^O^)

《カチカチは 愛と笑顔で ほぐれ出す》

2019-07-14 11:57:01

ほっこり訓練日記94



こんにちは。松山真由美です。


先日、ラシッドのパピーウォーカーである池田夫妻が、
読谷村に遊びに来てくれました!
池田夫妻が来てくれたのは一年ぶり。
その前日から、真二さんがラシッドに
「ラシッド、明日のりおさんたちが来てくれるよ!」
と、何度も話しかけていました。
私としてはラシッドにビックリしてほしかったので
内緒にしていたのだけど、ラシッドはすっかり
ウキウキワクワクしてとっても嬉しそう。

しかし、お二人とは夕方から会う予定だったので、
それまで私たちは別の用事で出かけることになりました。

すると、まさかだったのですが、偶然にも、
全く別人の「ノリオ」さんに会うことになったのです。
私たちが何度も「ノリオさん」と名前を呼んでいるのを聞いて、ラシッドの中で、
「えー!なぁんだ、父ちゃんが言ってたのりおは、この人のことだったのかぁ。」
と超ガックリな様子。。

そして、その30分後くらいに池田夫妻との待ち合わせ場所に向かったのですが、そこでの出来事です。
そこは観光客がいっぱいいたので緊張していたのか、先ほどのショックが大き過ぎたのか、
ラシッドのテンションはだだ下がりのまま。
あと数メートル先に、ラシッドの大好きなパピーウォーカーの
お二人がいてるというのに、しかも
「ラシッドー!」と何度も呼んでくれているというのに、
ラシッドは夢でも見ているかのようにピンときていないのです。
あれ?ラシッド、どうしたの?嬉しくないの?
しかし、そんなわけはなく、ついさっき楽しみにしていたのりおさんが
別人のノリオさんだったので、まさか本物の「のりお」さんが目の前にいるなんて思いもしないラシッドは、「どうせその辺の観光客なんだろうなあ!」
ぐらいにしか思っていない様子なのです。
それから数秒後、
「あれ?まさかー!うそー!夢じゃない!本物のパパとママだー!」
と、ラシッドの頭の中がつながった瞬間!
「ハァー!!本当に来てくれたんだぁ!」
と顔色と目の色が急に代わり、それはそれは大興奮となったのです!

すごい!普通に再会するより何倍も喜びが大きくなってる!ミラクルだー!
こうして、奇跡としか思えない再会をしてから3日間、
ラシッドは夢のような日々を過ごすことができたのです。
まだまだ奇跡は続くので、次回の日記をお楽しみに(^O^)

《ミラクルは 素直でいれば 舞い降りる》

2019-07-11 12:51:01

ほっこり訓練日記93




こんにちは、松山真由美です。
先日、浦添市にある「宮城ヶ原児童センター」で、
真二さんとラシッド君で講演会をしてきました。
去年の読谷村での講演会を聞きつけて、
児童センターの官長さんからのご依頼でした。
ここの児童センターに通う子供たちは、家庭環境に問題があり、
寂しい思いをしたりご飯もちゃんと食べられなかったり。
だから、なかなか前向きになれず、すぐにあきらめてしまう子が多いとのこと。
だからこそ、そんな子供たちに、私たちの話を
聞かせてあげてほしいのだと言われました。
すごく重大な任務だとは思ったけれど
「私たちの体験談が、子供たちのお役に立つのなら!」
と、喜んでお受けしました。
今まで見えていたのに、見えなくなるとは
どういうことなのかという話や、
見えないけど、身体は動くから、
何かできるはずだと必死でがんばってきた話や、
たくさんの人に助けてもらったから、
その分、人に喜んでもらえるように生きていきたいと思っている話や、
人と比べて無いものや足りないものに目を向けるのではなく、
身体が動くことに感謝をしていたら、
全てがありがたく思える話などなど、いろんな話をしました。

「こんなに不自由になってしまった人でも、
こんなに楽しそうに生きているから、
きっと大丈夫なんだろうなぁ」と、
少しでもみんなの心が軽くなり、笑顔になってくれたら嬉しいなぁと思い、
一生懸命話をしました。
最後に、盲導犬の話をして、写真や動画を見てもらい、
ラシッド君に癒されて無事に終わりました。

子供たちは素直なので、一生懸命聞いてくれ、
私たちも大満足だったのです。

そうしたら、今日のお礼にと、子供たちがバイオリンの生演奏を披露してくれたのです。
あまりの感動に
「すごーい!すごーい!」と、大興奮!
するとハッピーバースデーソングの演奏が始まり、
「ハッピーバースデー!ディアー真由美さーん!」の歌声と共に、
バースデーケーキが登場したのです!
そういえば、この日は私のお誕生日。
でもまさかこんなステキなお祝いをしてもらえるなんて思いもしない私は、
ローソクをフーフーしながら
「なんてこったなの?こんなことがあっていいの?」
と、みんなの前で涙がポロポロ。
手作りの花束とプラバンをいただき、感動すぎるバースデーとなったのです。
子供たちが少しでも元気になってくれたら嬉しいなあと思っただけなのに、
なぜか私たちの方がめちゃくちゃパワーをいただいて元気になった、
ミラクルな講演会でした(^O^)


《素直だと 嬉しいことが 舞い降りる》

2019-05-22 10:29:02

ほっこり訓練日記92




こんにちは、松山真由美です。
先週とっても嬉しいことがありました。
ラシッドの兄弟で盲導犬のリオ君が、野中さんファミリーと
読谷村まで遊びに来てくれたのです。
しかも、本当に嬉しい話なのですが、野中さんご夫婦と
子供さん家族とお孫さんという7人の大家族で、
カットやエステを受けに来てくれたのです。

こうして会いにきてくれただけでも嬉しかったのに、
一日中お店にいてくれたことが本当にありがたかったです。
そして、何を隠そう、「イエーイ!!ヒャッホー!!」と、
ラシッドとリオの喜び様は大変なものでした。
人間でも、兄弟に久々に会ったからって、こんなにも喜べる人はいないはず!
ラシッドとリオは五つ子で、その内この子たちだけが盲導犬になったのですが、
ビックリするくらい二人は仲が良いというか次元が一緒というか。
訓練所を卒業してからも、まぁまぁ家が近かったので何度も会っていたのですが、
今回は何ていったって読谷村!
ラシッドに会うために、初めて飛行機に乗り
空を飛んでやって来てくれたのです!

「リオー!会いたかったよー!元気にしてたー!
来てくれてありがとうー!」
「ラシッドー!元気やったよー!みんなで来たよー!
遠かったけど飛行機に乗って楽しかったよ!」
とか何とか言ってるんだろうけど、すごい勢いでずーっと喜びをぶつけ合っているのです。
すごいなあ!なんて素直なんだろう!
人間もこんな風に素直に喜びを表現できたらいいのになあ!
幸せを最上級に身体中で表しているこの子たちが1番幸せなんだろうなあ!
と、見ている私たちの方が感動でした。

ずっとお天気にも恵まれ、奇跡のような美しい夕陽も見れて本当に幸せな3日間でした!
しかし、こんなに楽しい3日間を過ごし、最高に幸せな旅だったのに、
最後のお昼ご飯をたべに行ったお店で、まさかの入店拒否にあったのです。
バイトの人が知らなかったそうなのですが、
みんなが不愉快な思いをしてしまい本当にガックリでした。
ですが、さすが読谷村でパワーアップした皆さん!
結果的に良い方向にいき、野中さんとリオのおかげで、読谷村に補助犬シールを張ってくれるお店が一気に増えたのです。
こうして、ほっこりツアーが無事に終わり、何より何よりでした(^O^)




《幸せは 素直に出せる 心かな》

2019-05-15 09:52:01

ほっこり訓練日記91



こんにちは、松山真由美です。

先日、もう20年以上お世話になっている
大阪のデザイン会社「ミート企画」の
吉元さんご夫妻が来てくれました。
吉元夫妻が読谷村に来てくれたのは、今回で3回目。
お店のロゴやパンフレットやメンバーズカードなど、全てのデザインをお願いしているのですが、
私たちはこのお二人には感謝してもしきれません。
私たちが、読谷村に引っ越してきた時もすぐに
「実際に読谷村を感じないと良いものが作れない」と、
お店の写真撮影や広告を作るために、わざわざお二人で
やって来てくれたのです。
想像していた以上に読谷村に感動ーしてくれ、
みんなが驚くような素晴らしいチラシを作ってくれたり、
今も、「日本中の人がお店に来てもらえるようにしたい!」と、
ホームページを日々進化させてくれています。
私たち夫婦の「日本中を笑顔で元気にしたい!」という願いを
最も理解し応援してくれることに、
本当にありがたすぎて涙が出そうです。

そして今回は、もっともっとパワーアップするために、
みんなでパワースポットに行ってきました。
しかし、そこは世界遺産。
私とラシッドだけの話なのですが、
想像を絶する恐ろしく険しい石の階段が待っていたのです。
受付で、「盲導犬なら入れますが、
かなりガタガタなので気をつけて!」と
何度も言われるからおかしいなぁとは思ったけれど、まさかあんなに激しいとは!
見えている人間でも大変な道のりなので、
わたしたちにとっては完全にサバイバル!
途中で引き返せないので、
「ラシッドー、恐いよー!でも、何が何でもがんばるしかないよー!」
こうして、必死の思いでたどり着いた私たちに神様も
「よくここまで来たなー!!」と、
多めにパワーをくれたような気がします。
お店がオープンしてちょうど一年ですが、
このタイミングで大きな山を乗り越えたのにも
意味があるのだと思います。
こうして、私たちは2年目に入り、
ますますパワーアップしていくと思うので、
これからも楽しみにしていてくださいね(^O^)


《乗り越えた 山の分だけ 楽になる》

2019-04-21 07:01:01

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
facebook
友だち追加数

店舗情報

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週月曜日
TEL
072-299-9991
住所

大阪府堺市南区
野々井260-1(地図)
クレジットカード
ご利用いただけます。
QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード